ロリゲーとオナニー

私はロリゲーで
ローションオナニー



SNS
ロリゲーに
最も相性がいい
オナニー方法を教えて!

それは、
ローションオナニーです。

ローションオナニー

ローションオナニーで
シコシコがとまらない



  1. ローションでオナニー
  2. オナホール使う?
  3. オナニーのスタイル
  4. オナニーの工夫

ロリゲーのプレイに
もっとも相性がいい
オナニー方法は?

私は、
ローションオナニーだと
思います。

右手でマウスを操り、
左手にヌルヌルのローション…
ペペとからティアラなどの
ローションをつけてチンコを
いじくり続けます。

ローションでオナニー

ローションたっぷりで
めっちゃオナニー


ロリゲーでの
オナニー…

ローションたっぷりの
ヌルヌル状態でシコると、

シコシコがやめられない
シコシコがとまらない

シコシコをやめさせない。

私は、
3時間くらいロリゲーを
プレイしながら、

ずーっと、
いじくりまわすのが
スキなので

自然とローションオナニーを
愛好しています。

と、いうより、
質の高いローションオナニーを
長時間継続するための
最良コンテンツが

ダウンロード
ロリゲーだと思っています。

3時間もいじくってると、
当然乾いてきますので、

途中で
スポイドで数滴、
水をたらしたり、
追加でローションたらしたり

絶えず
自分のお好みの
ヌルヌル粘度を保ちます。

ペペローションを使うと
何時間とオナりまくっても、
ぜんぜん擦り切れないし、

痛くも
カユくも
ならないんですよね。
ホント肌にやさしいです。

ローションは
あらかじめ、
ある程度
水で希釈して使っています。

ローションは
粘度があるので、
すぐには
まんべんなく混ざりません。

他の容器で
希釈してよく振って、
少なくとも丸一日は
経ったものを
準備しておきます。

どうでもいいことなのですが、
このときの容器は、

食器洗いなど
日用品の空き容器を使い
カモフラージュしておくと、
急な来客時でも
中身がバレにくいです。

基本的にローションの調達は
通販です。
フツーにアマゾンでも
楽天でも買えます。

オナホール使う?

私はオナホールより素手


オナホールも
一時期使っていたのですが、
長い時間かけてオナる場合は、

チンコの立ち具合も
時間とともに
変化するものなので

左手素手+ペペローションが
私は最良の選択となってますね。

なんだかんだで
オナホは
メンテが
めんどくさいですし、

なにより素手は、
経験によって
オナホを越えてきます。

ホント経験によってですので、
はじめはどうしても、
しっくり来ないんですけど…。

オナニーのスタイル

パンツ脱いで椅子に
ドッシリと座ります


私の場合、
ふつうのPCデスクに、
キャスター付きで
座面が大きく、
肘掛けがないタイプで、
チョット高級な
OAチェアを使っています。

この椅子に
パンツ脱いで、
ドッシリと座ります。

ここ数年で
たどりついた、
ロリゲーでオナるのに
ちょうどいいスタイルです。

このOAチェアには、
チョットこだわりがあって、
肘掛けがないと…
がっつり股開けますし、

腰回りの動きを
妨げがないのが
気に入ってます。

キャスター付きだと
軽やかにストレスなく
ポジショニングできます。

大きな座面と
高さ角度調整は
同じくストレスのない
ポジショニングに
貢献してくれます。

ちなみに私の場合は高さ調整や
背もたれの角度調整レバーは、

左手は
チンコいじくって
ヌルヌルベタベタなので、

右手側に
あったほうがいいですね。

動きが
激しくなったりしますので、
椅子自体の強度や、

あまりギシギシした音が
発せられない
ある程度の品質が
あったほうが
好ましいと思っています。

オナニーの工夫

冬場もパンツ脱ぎますので
足にはレッグウォーマ


あとは長時間
いじくっていると、
いろいろと垂れますので、
座面には
それなりの敷物をします。

冬場もパンツ脱ぎますので、
足には
レッグウォーマを活用して
寒さを感じないレベルまで
工夫をしています。

後始末なのですが、
ときおり勢い余って
天井の照明器具とか、
ありえないトコロに
飛んでいくこともありますが、

できる限り、
手で受け止めて、
そのままそーっと、
風呂場に移動して
シャワーでお湯洗いです。

ローションにまみれてると
ティッシュとかで
拭き取るのは困難で、

拭き取るにしても
肌にダメージあるほど
フキフキせねばなりません。

お湯洗いなら
ノーダメージでキレイに
すんなり洗い流せますよ。

美少女ゲームは
とにかく長時間にわたって
悶々とした
淫靡な時間を
提供してくれるので、

やはりプレイするには
設備もしっかりと
自分にあった工夫をして
望みたいものです。


以上、カテゴリトップの…
ロリゲー…へ戻る。